顔におすすめの除毛クリーム!

除毛クリームとは、気になっている部分のムダ毛処理を行いたい部分に塗り、指定の時間放置して含まれている薬剤によって毛を溶かすことでムダ毛の処理をするというものです。薬局などで販売されていて手軽に購入することができ、自宅などで自分が好きな時間にムダ毛処理ができるため根強い人気があります。除毛クリームはムダ毛を処理したい部分に塗り広げて、数分待ち商品に添付されているヘラやティッシュペーパーなどでも除毛クリームを取り除くだけと言う手軽さもありますが、その他にも商品によって多少の違いはありますが腕や足などの広い部分のムダ毛処理でも、一気に仕上げることができるのも人気の理由です。また最近では美容成分や保湿成分なども配合されているものも多く、使用後の肌のトラブルを抑えることができるものもあったり、使用後の肌をつるつるにする効果があるというものもあります。次に生えてくるムダ毛を抑制する抑毛成分が配合されているものであれば、つるつるの期間を更に長く保つことができます。また、除毛クリームで処理すると肌の表面にあるムダ毛を溶かして処理するので、カミソリで処理したときのようなチクチクする感覚に嫌な思いをするということがありません。

 

除毛クリームの成分

自宅で行う無駄毛の自己処理法には、色々な種類があります。
その中でも肌への負担が少ないと言われているのが、除毛クリームです。

クリームによる自己処理は、無駄毛が気になる部分にクリームを塗り、5分から10分程度放置した後、取り除くだけで除毛できる手軽さが魅力となっています。

なぜ、クリームを塗るだけで無駄毛を除毛出来るのかというと、含まれている成分に秘密が隠されています。
無駄毛はタンパク質が主成分となっていますが、除毛クリームにはタンパク質を溶かす性質のある、チオグリコール酸カルシウムという成分が多く使われているのが特徴です。

チオグリコール酸カルシウムが無駄毛の根本を溶かす事で、綺麗に無駄毛を処理する事が可能となっています。
また最近はヒアルロン酸やプラセンタなど、保湿効果のあるものも含まれている事が多く、肌を潤いつつ無駄毛を処理できる除毛クリームもあるようです。

自己処理にはカミソリや毛抜きを使う方法もありますが、これらの自己処理法は肌への負担が大きく、乾燥や毛穴の開き、痒みなどのトラブルを起こしがちです。

除毛クリームは正しい使い方をすれば、比較的肌への負担は小さいので、肌を傷めたくないという方にもお勧めです。

 

正しい使い方

塗るだけで簡単にムダ毛処理ができる除毛クリームはとても便利なものですが、使い方を間違うと十分な効果を得られなかったり、肌にトラブルが起きてしまうことがありますから注意が必要です。
まず、除毛クリームを使う前にはパッチテストをしましょう。人によっては肌に合わない場合があり、無理をして使うと肌に炎症を起こしてしまうことがあります。そうならないよう、あらかじめ目立たない場所に塗って指定の時間置き、異常が起こらないかどうか確認しておくことが大切です。
塗るときは説明書やパッケージに書かれている量を守りましょう。多すぎると肌に負担がかかりますし、逆に少なすぎるときちんと除毛できないことがあります。また、使ってよい部分が限られているものもあるので、必ず確認しましょう。
塗り方は丁寧に、しっかり毛の根元までクリームが届くように塗りましょう。届いていないとその部分が処理されずに残ってしまい、黒いブツブツになってしまいます。お風呂で体を温めた後に行うと、毛穴が開いているので除毛効果がアップします。
放置する時間も説明書に書いてる通りにしましょう。必要以上に長く置いてしまうと肌を傷めることになってしまいます。また、毎日連続して使うことは避け、最低でも2~3日はおくようにしましょう。

 

敏感肌でも大丈夫?

近年、手軽に自宅でムダ毛処理ができる脱毛グッズとして除毛クリームや除毛ローションの人気が高まっていますが、肌を傷めるのが不安で使用をためらっているという敏感肌の方も多いようです。

除毛クリームはムダ毛の毛根のたんぱく質を分解することでムダ毛を無理なく取り除くという製品が一般的です。
このため、肌の表面を傷つける恐れのあるカミソリや脱毛テープなどの方法よりも肌への刺激が弱いので、刺激に弱い敏感肌の方に適した脱毛方法といえます。
ただし、中には肌への刺激が強い成分が含まれている製品もあるので、できるだけ肌への負担の小さい製品を利用することが大切です。

たとえば、敏感肌は肌が乾燥して肌のバリア機能が衰えた状態なので、皮膚に潤いを与えて肌を乾燥から保護する保湿成分や美容成分が豊富に配合された除毛クリームを選ぶとよいでしょう。
また、化学物質が多い製品は肌への刺激も大きいので、天然成分が多く配合された製品で可能な限り合成香料や鉱物油などを使用していない無添加の製品を使用するのがお勧めです。

なお、どんなに肌に優しい製品を使用しても肌に合わない成分が含まれていると、発疹やかゆみなどの症状が起こる場合もあるので、除毛クリームを使用する前に少量だけ塗ってみて肌に異常があらわれないことを十分に確認した上で、本格的に使い始めることをお勧めします。

 

広範囲や手が届きにくい部分におすすめ

ムダ毛処理の方法には、カミソリやシェーバーで剃る、毛抜きで抜くなどさまざまな方法がありますが、広範囲を処理するなら除毛クリームがおすすめです。
毛抜きで抜く場合は1本ずつですからとても時間がかかります。カミソリやシェーバーで剃る場合も、刃の当て方に気を使い、少しずつ丁寧に行わなくてはなりません。ワックスやテープなら広範囲を短時間で一気に処理することは確かに可能ですが、痛みを伴いとても辛いですし、肌にも刺激があり炎症を起こしてしまう恐れもあります。
除毛クリームであれば、処理したいところに塗ってしばらく置き、ティッシュでふき取るかヘラを使ってクリームを取り除き、あとは水やお湯で洗い流すだけ、ととても簡単です。腕、脚、脇といっぺんに全部塗っても構いませんから一度で済んでとても楽です。痛みもないので負担に感じることもありません。手が届きにくい部分も塗るだけなら簡単にできます。
ただし広範囲に塗るとなるとにおいが気になるところです。除毛クリームを選ぶときは、なるべく嫌なにおいの少ないものを選びましょう。また、保湿成分を配合し肌にやさしい処方となっているものを選ぶと、肌のダメージも防げます。定期的に行う必要のあるムダ毛処理も、除毛クリームなら簡単です。

 

意外と気になる除毛クリームの臭い

除毛クリームを使用したいと考えても、その臭いが気になってしまい敬遠されている方も多いです。
クリームの中には、毛根に作用することで、除毛の効果を得られる成分が入っているのですが、この成分によってつんとする刺激臭を感じることになるのです。
ただし、今販売されている除毛クリームについては、刺激を感じないように工夫されていますので、安心して利用することができるでしょう。
除毛クリームの中には、アロマ成分を配合し、臭いを除去しているものもあります。
アロマ成分が入っていると、独特の刺激臭も感じなくなってきますし、精神的にリラックスしながら使うことができますので、使用することで心に対しての効果を得ることもできるでしょう。
除毛クリームについては、販売しているメーカーごとに、肌にやさしい香料を含んでいます。
どのような香りになっているのか確認することにより、安心して利用することができますし、好みの香りについても選んでいくことができるでしょう。
クリームを購入するときには、刺激臭を抑えているものを選んでみることで、長く使用することができます。
購入を検討した時には、臭いを抑えているかにこだわってみるとよいでしょう。

 

自分に合うものを選ぶポイント

塗ってしばらくおいてふき取り、洗い流すだけでムダ毛の処理ができる除毛クリームはとても便利なものですが、たくさん種類があってどれを選んだらよいのかわかりにくいものです。
除毛クリームを選ぶポイントはいくつかあります。まず、確かな除毛効果があるかどうか、ということです。説明書どおりに使ったのに、ムダ毛が残ってしまっていたり、根元から除去できずに黒いブツブツが残ってしまうようではいけません。特に毛の濃い人は確かな効果のあるものを選ぶようにしたいものです。
黒いブツブツが残ってしまうもう一つの原因として、毛の根元までしっかりクリームがなじんでいない、ということがあります。伸びの良いものを選び丁寧に塗ること、あるいは最近では毛穴の中まで浸透するタイプのものもありますから、そういったものを選ぶと良いでしょう。
除毛クリームを選ぶポイントとしてもう一つ大切なことがあります。それは、肌に合うかどうかということです。特に肌の弱い人では負担となり、肌トラブルの原因となることもあります。敏感肌の人でも使えるよう肌にやさしい処方になっているかどうか確認しましょう。あるいは肌荒れしないよう保湿成分を配合したものおすすめです。